Loading...

ミニアート 1/72 WW.II ドイツ軍 10.5cm突撃榴弾砲42 G型 初期生産型 1943年5月-6月

CODE: MA72114


Old price: 4,200 JPY  

Price: 3,990 JPY

(4,389 JPY inc tax) You save: 210 JPY (5%)
-5%
In stock
PREORDER Coming soon 9

プラスチックモデル

コード:4545782114362

【実車について】
III号戦車の車体を利用し、主砲を固定式の戦闘室に搭載したIII号突撃砲は生産が容易で、より大型の砲を搭載できることから、各タイプ合わせて終戦までに約1万輌が生産されました。
その中で、最終生産型でもっとも多く生産されたタイプがG型です。
アルケット社が主となって1942年12月から生産が開始され、終戦に至るまで細部の改修を続けながら生産されました。主砲には48口径7.5cm突撃加農砲StuK40を搭載。
8000両近くが生産され、戦車不足の中、戦車部隊にも配属されるなど、各戦線で終戦まで活躍を続けたのです。

【商品について】
モデルは1/72スケールで第二次大戦のドイツ軍III号突撃砲G型の派手型のひとつ、10.5cm突撃榴弾砲42を再現。
中でも1943年5月から6月の生産車両をモデル化したプラスチックモデル組み立てキットです。
特徴ある低く構えた車体デザインを仕上がり全長約85mmの手頃なサイズで再現。車体や戦闘室各部のボルトのディテールや車体前面の追加装甲の表現もリアル。
戦闘室上部に設置されたガンシールドも機銃とともに正確に再現しています。車体後部には予備履帯を搭載して装甲強化した様子も表現。
履帯は一部連結組み立て式を採用。加えてエンジンデッキのグリルのメッシュなど細部をシャープに表現するエッチングパーツなども用意。
加えてこのキットでは車体側面に装備するシュルツェンをエッチングパーツで用意。1枚1枚分割して再現され取り付け方も自由に選んでいただけます。
マーキングは5種類を選択可能。
1/72のミニスケールでも楽しみは大きなIII号突撃砲です。

【主な特徴】
●1/72スケールでドイツ軍のIII号突撃砲G型をモデル化
●シュルツェンはエッチングパーツで用意
●仕上がり全長は約85mm
●履帯は一部連結式を採用
●車体後部の予備履帯パーツも付属
●新金型追加

パッケージサイズ:290x190x45mm
製品サイズ:全長約85mm