Loading...

プラッツ 1/72 WW.II ドイツ軍 10.5cm突撃榴弾砲 G型 1944年 アルデンヌ 完成品

CODE: DRR63254


Old price: 8,200 JPY  

Price: 7,790 JPY

(8,569 JPY inc tax) You save: 410 JPY (5%)
-5%
In stock
PREORDER Coming soon 7

ディスプレイ専用塗装済完成品

コード:0089195632548

【実車について】
第二次大戦でドイツ軍がIII号戦車の車体を利用して背の低い固定戦闘室に75mm砲を搭載したのがIII号突撃砲です。
歩兵の火力支援を目的に開発され、敵の陣地攻撃などに活躍。
その後、陣地攻撃にとどまらず、敵戦車から歩兵を守る対戦車戦闘にも威力を発揮するようになりました。さまざまなタイプが作られたIII号突撃砲の中のひとつが主砲に10.5cm榴弾砲を搭載した10.5cm突撃榴弾砲です。
E型の車体をベースに試作車両が製作され、その後、アルケット社によってF/8型車体を使用して量産がはじめられました。
1943年2月からの量産型ではIII号突撃砲がG型に移行していたため、42式10.5cm突撃榴弾砲もG型のシャーシを使用して生産されたのです。
レニングラード戦で初陣を飾ると、歩兵からはその性能が高く評価され、終戦までに約200両が生産されたといわれます。

【商品について】
モデルは1/72スケールで歩兵支援に活躍した第二次大戦のドイツ軍10.5cm突撃榴弾砲を再現。中でも1943年からの生産型、G型をモデル化したプラスチックモデル塗装組み立て済完成モデルです。
車体下部、戦闘室、エンジンデッキなど低くシャープなスタイルに太い10.5cm砲の砲身が力強い姿をそのディテールまで詳細に再現。
モデルでは車体上部戦闘室天面のハッチやヒンジ、ボルトなどのディテールをしっかりとモデル化しています。
さらに、エンジンデッキのエアインテークグリルや左右フェンダーのトレッドパターンをはじめ、車載工具や車体後部のディテールまで、繊細な表現がリアリティを高めます。
大戦末期に見られた斑点模様も加えた迷彩塗装が施され、ウェザリングも加えられた塗装の車両を再現。完成モデルでクリアケース入りですからコレクションも手軽。
情景ベースを作ってジオラマ製作も楽しいでしょう。

【主な特徴】
●1/72スケールで10.5cm突撃榴弾砲G型を再現した完成モデル
●迷彩塗装に汚しも施されたリアルな仕上がり
●コレクションにうれしいクリアケース入り
●マーキングは1944年アルデンヌでの車両を再現

パッケージサイズ:220x106x106mm