Loading...

プラッツ 1/72 WW.II ドイツ軍 III号突撃砲 G型 初期生産型 第3装甲擲弾兵師団 第103戦車大隊 1943年11月 ローマ 完成品

CODE: DRR63249


Old price: 8,200 JPY  

Price: 7,790 JPY

(8,569 JPY inc tax) You save: 410 JPY (5%)
-5%
In stock
PREORDER Coming soon 7

ディスプレイ専用塗装済完成品

コード:0089195632494

【実車について】
III号戦車の車体を利用し、主砲を固定式の戦闘室に搭載したIII号突撃砲は生産が容易で、より大型の砲を搭載できることから、各タイプ合わせて終戦までに約1万輌が生産されました。
その中で、最終生産型でもっとも多く生産されたタイプがG型です。
1942年12月から生産が開始され、終戦に至るまで細部の改修を続けながら生産されました。主砲には48口径7.5cm突撃加農砲StuK40を搭載。
8000両近くが生産され、戦車不足の中、戦車部隊にも配備されるなど、各戦線で終戦まで活躍を続けたのです。

【商品について】
モデルは1/72スケールで第二次大戦のドイツ軍III号突撃砲を再現。
中でも最終生産型G型の初期生産タイプをモデル化したプラスチックモデル組み立て完成済モデルです。
車体下部、戦闘室、エンジンデッキなど低くシャープなスタイルをそのディテールまで詳細に再現。エンジンデッキのエアインテークグリルや左右フェンダーのトレッドパターンなど、繊細な表現がリアリティを高めます。
ショックアブソーバーやロードホイール、スプロケットホイールなどのディテールもリアルに表現された足回りも実感たっぷりです。
迷彩塗装が施され、ウェザリングも加えられた塗装にマーキングは1943年11月のイタリア、ローマにおける第3装甲擲弾兵師団第103戦車大隊所属車両のマーキングを再現。完成モデルでクリアケース入りですからコレクションも手軽。
情景ベースを作ってジオラマ製作も楽しいでしょう。

【主な特徴】
●1/72スケールでIII号突撃砲G型の初期生産型を再現した完成モデル
●迷彩塗装に汚し塗装も施されたリアルな仕上がり
●コレクションにうれしいクリアケース入り
●マーキングは1943年11月、イタリア・ローマにおける第3装甲擲弾兵師団第103戦車大隊の車両を再現

パッケージサイズ:220x106x106mm