サーフボードが物語を生み出すキットです

この記事をシェアする

ホビコレ限定のスペシャルキット、これまでもいくつかご用意してきましたが、今回は1/24カーモデルのキットをご用意。

モデルは4WD、四輪駆動小型車の祖先?とも言えるアメリカの通称、ジープ。

カーモデルじゃなくてミリタリー?って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、1/24スケールです。ミリタリーでもあり、れっきとしたカーモデルでもあると思うんですが。

キットはイタレリ製。
イタリアの老舗の模型メーカーで、細かすぎず、かと言って省略しすぎず、いい塩梅で再現しているのがさすが老舗ブランド。

ここがホビコレ限定

そして、このキット、ホビコレでは特別に1/24スケールのサーフボードを1枚セットしていますよ。

これが一緒に入っているだけでちょっと物語が生まれてくると思いませんか。

2021年の東京オリンピックで正式種目になったサーフィン。注目された方も多いかと思いますが、諸説あるようですが、第二次大戦後、日本にやってきたアメリカ兵がこの軍用四輪駆動車にサーフボードを積んで休日に日本の海岸でサーフィンを楽しんだのが、日本のサーフィンが広がるきっかけだったとか。

当時だったらミリタリーカラーにサーフボードという組み合わせでしょうが、その後、払い下げられた軍用車を大切に乗ってサーフボードを持ってサーフィンにでかけた。

そんな様子を思い浮かべながら仕上げてみると色々なカラーも選べるのでは。

キットはフルディテール

基本の車両はイタレリのキットをそのままセット。

実はこのキットよくできてます。

実車のメカニズムをそのまま再現しているんです。

フレームはラダーフレームを組み立てて再現していく形。
そのフレームに前後のアクスルを取り付けると四輪駆動のメカニズムがしっかりわかる再現度。

もちろんその四輪にパワーを伝えるエンジンは直列4気筒エンジンを補機類までモデル化しています。

エンジンを搭載するとフレームが出来上がり。

ボディは何色にしますか

ボディも実車と同じような構成でモデル化され、仕上がったところでシャーシに乗せれば完成。

オープンのボディでドアもない、タフな感じはアウトドアのサーファーにも魅力的な車両ですよね。

フロントのウインドウは完成後も倒すことができるし、キットには幌パーツも用意されていますから、つけたり外したりして完成後も楽しめます。

サーフボード、それもちょっとだけマイナーなロングボード。

車体のカラーは何色にしますか?

幅広いモデラーのみなさんに楽しんでいただきたい、ホビコレ限定キットです。

イタレリ 1/24 4WD オフロードトラック サーフトリップ

本店  楽天店  Amazon店

スポンサーリンク
広告336x280

この記事をシェアする

こちらもフォローよろしくお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336x280