これも骨格模型? 骨組みを愛でる楽しみ

この記事をシェアする

スポンサーリンク
広告336x280

こんな模型もあるんです。日本家屋の骨組み再現模型。

博物館で見る恐竜の骨格標本や、大型クジラから、各種動物の骨格標本は博物館で心動かされるものの1つではないでしょうか。さらに、街中でときおり見かける建築中の建物の、完成してしまっては見ることができない内部構造などもついついじっと観察してみたくなりますね。

見えない部分が見える楽しさ、でしょうか。

プラモデル、模型の世界でも恐竜の骨格標本の模型などはおなじみかもしれません。飛行機モデルで内部が再現されて透明の機体パーツで完成後も内部が見える模型など、いつの時代でも人気のキットです。

今回はそんな内部構造に興味のあるみなさんにちょっと代わった模型をご紹介します。

建築構造がよく分かる1/50 建築模型 木造軸組模型 リニューアル版 6,800円(税別)

このモデルは日本の一般的な木造建築の骨組みを再現しています。

スケールは1/50。木造2階建ての日本の一般的家屋の内部構造をモデル化したキットです。

木造建築の骨組みですがパーツはプラスチック製。一般的なプラモデルと同じように組み立て可能です。

こんな情景、目にしたことがおありではないでしょうか。新築住宅の建築現場で見かける様子が組み立てていただくと再現できます。

実はこの模型、建築士の資格取得を目指す方の教材として誕生したキットなんですね。2級建築士設計図試験取得を目指す方が木造軸組建築構法を学ぶ教材としても利用されているんです。

柱であったり、梁であったり、筋交いであったり、床板であったり。

組み立てることで強度が生み出される設計、構造が理解できるのが面白いですね。

組み立て後の完成時サイズは約258mm×148mm×159mm。建て坪面積は何坪になるんでしょうか。もちろん、間取りもわかります。どこが玄関でリビング、居間でなど、いろいろと想像してみるのも楽しみです。

この骨組みの上に壁板や床板、内装、そして屋根には瓦などがついて日本家屋が完成するんですね。

屋根裏スペースも意外にあるのもわかります。

スケールは1/50ですから、プラッツから発売中のダイキャストマスターの完成ミニカー、各種建設機械、車両などと組み合わせて建設工事の情景製作を工夫してみるのも楽しそうです。

同じくプラッツから発売中のエバーグリーンのプラスチック板材や棒材などを利用してもう少し建設作業が進んだ状態に建設作業を進めてみるのも面白いでしょう。

もちろん、一般的なプラモデルと同じ素材ですからプラスチックモデル用塗料で塗装も可能です。

建築士を目指すみなさんにはもちろんですが、プラモデルファンのみなさんにも楽しんでいただける興味深いキットです。

建築構造がよく分かる1/50 建築模型 木造軸組模型 リニューアル版 6,800円 コード:4545782073799

スポンサーリンク
広告336x280

この記事をシェアする

こちらもフォローよろしくお願いします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
広告336x280