今度はいずも&かが エフトイズの人気シリーズ 現用艦船キットコレクション最新作のパッケージを開けてみた

この記事をシェアする

いずも型護衛艦、出港!!

リアルな仕上がり、手頃なサイズの艦船モデルキットで大好評のエフトイズ現用艦船キットコレクションの新作

1/1250 現用艦船キットコレクション ハイスペック

海上自衛隊 いずも型護衛艦 2020年11月30日発売

サンプルを入手しましたのでさっそくパッケージ、開けて中身を見てみましょう。

今回モデル化されたのは海上自衛隊のいずも型の「いずも」と「かが」の2艦。4種のキットがラインアップされていますがそれぞれ、キットはフルハルタイプと洋上タイプの2種づつで4種ですね。

どちらもスケールは1/1250。
全長は約198mmとなかなか存在感あふれる仕上がりですね。実艦も見学したことがありますが大きかったです。
1/1250スケールでこの仕上がりですから、そのサイズが話題になるのもわかるというものです。

サイズに目を見張ってしまいましたが、細部のディテールも見逃せませんよ。
甲板のディテールを御覧ください。表面の再現、画像でおわかりいただけるでしょうか。


実艦の甲板の感じがモデルからも伝わってきます。
もちろん、塗装済みですから甲板に描かれた番号やマークも描かれています。

甲板のエレベーターは別パーツになっています。上げた状態はもちろんですが船体パーツの内部に下がった状態での様子を塗装で表現しています。エレベーターが下がった状態での再現も可能なのが嬉しいですね。
甲板周囲の細かな再現もリアリティーを高めてくれます。

甲板上の艦橋構造物はアンテナ類などのパーツが別パーツで用意されています。シャープな仕上がりが楽しめるパーツ分割です。

そして船体部分も舷側などの再現に力が入っています。

フルハルタイプでは艦底パーツが別パーツでセットされます。加えて完成後のディスプレイに便利な名前入り台座パーツが入っています。
スクリューやラダーなどのディテールが再現されていてみられるのはフルハルならでは。

一方、洋上タイプは波型ベースパーツが入っています。海に浮かんだ状態が再現できるのはラリティ十分です。しかも、波型ベースだけでなく護岸パーツ(岸壁)もセットされています。
接岸した状態の雰囲気も楽しめますね。

さらに、このセットではフルハルタイプのキットにはMCH101ヘリコプター、オスプレイ、F-35Bが同じ1/1250スケールで再現されたモデルがセットされています。


MCH101はホバリング状態とローターブレードを畳んだ格納状態各1機をセット。
オスプレイもホバリング状態と格納状態のそれぞれ各1機をセットしています。
そして、F-35Bは周期状態5機、飛行状態1機、ホバリング状態3機がセットされています。飛行状態を再現できる透明の支柱パーツも3本入っていますから色々な設定が楽しめますね。
ちなみにF-35B、「かが」は洋上迷彩カラーで仕上げられています。

洋上タイプの方にはF-35Bだけがセットされています。

プラッツのYou Tubeチャンネルでも紹介しております。あわせてご覧ください。

日本が誇る海上自衛隊の大型護衛艦いずも型。11月には皆さんの手元に出港の準備をすすめているようです。
もうしばらくお待ち下さい。

1/1250 現用艦船キットコレクション ハイスペック

海上自衛隊 いずも型護衛艦 2020年11月30日発売

ぜひホビコレでお買い求めください!

今なら

予約割引クーポンを利用すると10%OFF!

ホビコレ楽天店でも予約受付中!