エフトイズの人気シリーズ最新作 1/144 ウイングキットコレクション VS13の箱をあけてみた

この記事をシェアする

ミグキラーVSミグ、ライバル対決を形に!!

2020年11月23日発売予定、エフトイズの食玩最新作ウイングキットコレクション第13弾は1960年代の米ソのライバル機対決です。
アメリカ海軍・海兵隊で幅広く使用されたF-8クルセイダーと、対するはソビエトの傑作機の一つ、Mig-21フィッシュベッド。

飛行機ファンには説明するまでもないと思いますが、F-8クルセイダーはチャンス・ヴォートの艦上戦闘機として開発され、1957年から運用が開始された機体ですね。ベトナム戦争にも参加。海軍・海兵隊のクルセイダーは数多くの北ベトナム軍Mig戦闘機を撃墜するなど、ミグキラーとしても知られた機体です。

となればライバルは当然ミグです。といううことで今回のもう一機はMig-21フィッシュベッドがフィーチャーされたということでしょうか。

さて、サンプルキットのパッケージをオープンしていきましょう。いつもながらのエフトイズクオリティーで塗装済みのパーツがパッケージに収まっています。

 

F8クルセイダーの特徴でもあった仰角を変更できる主翼は別体パーツでその形状ディテールをリアルに再現。機体と組み合わせるだけで特徴ある姿が蘇ります。


脚パーツやそのドアパネルパーツは別パーツで駐機状態と飛行状態の両方を再現できるパーツをセット。

機体サイドに装備されるミサイルパーツも用意されています。

マーキングは4種類をラインアップしていますね。
アメリカ海軍、アメリカ海兵隊、そして、フランス海軍、さらに、フィリピン空軍の4種類。
ちなみに仕上がりのサイズは全長が約116mm、ウイングスパンが約75mm。
手のひらサイズの1/144です。

それでは対するミグです。

やはり一回りコンパクトですね。
運動性が良さそうな感じが伝わってきます。
仕上がり全長は約107mm、ウイングスパンは約50mmです。
もちろん同じ1/144スケール。

パーツ構成はクルセイダーと基本は同じですね。
一体の胴体とウイングパーツが基本。ミグではデルタ翼が左右別体で用意されています。

もちろん、脚パーツは別体で用意され、飛行状態、駐機状態のどちらも組み立て可能なのは言うまでもありません。

いつものタイプのスタンドも付いています。

ミグは5機をラインアップ。
本家、ソビエト空軍は当然、東ドイツ空軍、チェコスロバキア空軍、ブルガリア人民、そして、エジプト空軍の5種。

迷彩の違いも魅力ですね。ぜひともフルコンプリートしたいところです。

塗装済みのパーツが用意されたいつものエフトイズキット。
今回も手軽に組み立てていただける飛行機モデルです。

東西冷戦時代のライバル対決は飛行機ファンには見逃せませんね。

プラッツのYou Tubeチャンネルでも紹介しています。あわせてご覧ください。

エフトイズ 1/144 ウイングキットコレクション VS132020年11月23日発売予定。

ぜひホビコレでお買い求めください!

今なら

予約割引クーポンを利用すると10%OFF!

コード:4582138604412 【商品について】 エフトイズから、MiG‐21は新金型でリアルに再現! 『1/144 ウイングキットコレクション VS13』が発売決定! 大人気のウイングキットコレクション最新弾! VSシリーズ13弾は、1960年代にアメリカ海軍・海兵隊で「最後のガンファイター」と呼ばれて活躍し、ベ...

ホビコレ楽天店でも予約受付中!