今が旬。シェリダンの資料集です。

この記事をシェアする

タミヤから1/35で新キットが登場したばかりのM551シェリダン。モデラーにはまさに今が旬の車両ですね。ということでグッドタイミングですか?スコードロンのウォーク・アラウンドシリーズのM551シェリダンが入荷してきました。

空挺戦車として華々しく登場したM551のシャープなスタイルに152mmのガンランチャーを搭載した砲塔の組み合わせはなかなかに魅力的でした。

さて、細部にレンズを向けるウォーク・アラウンドシリーズですが今回は第82エアボーン・ディビジョン・ウォーメモリアルミュージアム、ミリタリー・テクノロジー・ファウンデーションの車両を中心に細部に踏み込んで撮影しています。

ちょっと未来的な外観はもちろんですが、内装の写真を見るとやはり大戦中の車両の資料集と較べてぐっと近代的な感じがしますね。メーターやスイッチなどの機器類も近代的に見える要因の一つなのでしょうか。

外観では車体のアップの写真にフックが見えます。パラシュート投下するときにパラシュートの先端が取り付けられるフックのようです。やはり空挺戦車だったんですね。

さらに、152mmのガンランチャー。大口径なだけに先端からの写真では内側に刻まれたライフリングがはっきりと見て取れます。メカニカルです。

というわけで、タミヤから登場の1/35シェリダンの製作のお供に、この1冊を。

ページ数は80ページ。掲載写真は243点。

スコードロン・シグナル 資料本 M551 シェリダン ウォークアラウンド(ソフトカバー版)

スコードロン・シグナル 資料本 M551 シェリダン ウォークアラウンド(ハードカバー版)