スコードロンがHe111を見つめた1冊、入荷しました。

書籍担当です。立て続けにすいません。わくわくが止まりません。

第二次大戦のドイツ軍双発爆撃機、ハインケルのHe111を取り上げた1冊ですね。博物館などに所蔵されている機体を細かく入り込んでレンズに収めています。

この1冊、意外にイラストも多いですね。機銃座や機首形状の変化を解説していたり、V1ロケットの搭載状態を解説するイラストなども掲載されています。

もちろん、細部写真はこれでもかと収録されていますし、機体のカラーリングを紹介するカラーイラストも12点を掲載。模型製作、ディテールアップにはやはり欠かせない1冊ではないでしょうか。

博物館の機体を撮影していると思われますが、機体内部写真が多いのは興味深いです。ワクワクします。が、あまり乗りたくはないですかね。

ページ数は88ページ。掲載写真点数は230点。

スコードロン・シグナル 資料本 ハインケル He111 ウォークアラウンド(ソフトカバー版)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする