静岡AFVの会2019で展示会もいよいよシーズン開幕!!

この記事をシェアする

先日、静岡市のホビースクエアを会場にミリタリーモデラーの集い「静岡AFVの会」が開催されたので見学に行ってみた。

珍しく早めに会場についたせいか、展示モデルはまだまだ、これから順次参加者が集ってこようかという雰囲気。それでもみなさん自慢の作品だけあって、じっくり一つ一つ見せていただいても細部まで神経が行き届いた作りが目を奪う。単品せよ、情景仕立てにせよ、レベルの高さはさすが。まったくテクニックのないジジイとしては、見れば見るほど一体どうしたらこんな塗装に?と疑問しか出てこない。見事なものである。

会場にはタミヤの会長もいらっしゃり、お話を聞く機会も。会場で一足早く白箱で提供され、組み立て体験が行われた1/35M10 IIC アキリーズについてもファンのみなさんと話をされていました。

珍しい白い塗装、と思ったらペーパークラフトであった。よくできてる!!

個人的にとても懐かしい思いでがあるチーフテン。120mm砲の長い砲身が格好良かった。

今回のテーマはシャーマンだったようで・・。

こちらはアニメファンにはおなじみのガルパン作品。

戦車は個人装備品で生き生きとしてくるものだと思う。

戦車だけでなく、とてもできないがこんなものも好き。

とりあえず、カーモデルを作れば艶が出ないくせに、ミリタリーモデルを作っても汚し塗装ができないジジイとしては、見学するのみではある。モデラーの展示会が始まると、季節は春ですかね。

静岡ホビーショーに向かって、みなさん、手を動かしましょう。