苦節、2年と少し。やっと形になったAMT1/25コルベット53である。

とりあえず、何とか生きているうちに完成にこぎつけた。2年前に箱潰れの訳あり品として購入したAMT53年型コルベットである。まあ、途中ホッポラかしていた時期もあるので実質そんな年月はかかっていないのだが、まあ、とにかく完成してよかった。誰もよくやったとは言ってくれそうにないし、そんなもの見たくもないと思うのではあるが、できてしまうと見せたくなるというのがモデラーの心情ではなかろうか。というわけで職権乱用に近いが完成品の写真をこれでもかとアップしてみる。覚悟はよろしいか?

基本的にパーツの合いが悪いわけではないと思うが紙1枚の説明書ではどこに取り付けるのかがわかりにくい。推理と推測、手が2本では足りない感じの仮合わせなどを経て接着となる。

グリルのメッシュは金属メッシュを貼ってみた。テクニックもないののこんなことするから・・・・。

要するに下手なわけ。で時間はかかるし、途中で嫌になるし・・・・・。

で、ホイールとタイヤはキットのノーマルではない、キットではもっとずっと細い感じ。タイヤは太いほうが格好いいと思って違うキットからコンバートしてみた。

バックミラーもフェンダーミラーをジャンクボックスから引っ張り出した。なんかこの方が好きだから、という理由だけである。もちろん個人の感覚なので、そうは思わない方もいらっしゃることだろうが、それはそれで。

出来上がっての感想はもう少し車高を下げたかったかな。それでも1ミリは削ったはずなんだが、ほとんど効果なしだったか。

まあ、今回は完成しただけでもよしとしていただきたい。

結局作った人が偉いのがプラモの世界だと、勝手にほざいている今日この頃である。

 

ちなみに、これで今年の静岡ホビーショーのクラブ展示は何とか1台はOKということになったな。これで安心しきって、これ以上増えないのが目に見える。

それじゃダメ、か?

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする