お茶の母樹?。

この記事をシェアする

静岡はお茶の産地としても知られる。自分では当たり前と思っているのだが毎日結構お茶を消費する。もちろん、お茶は急須で入れるものと思っているので、毎日、毎食急須から入れたお茶を飲む。

先日、いつものように散歩をしていたら看板が。やぶきた茶の母樹とある。詳しくないので看板の解説によれば、であるが「茶樹やぶきた母樹」で静岡県の指定天然記念物なのである。集葉量、製茶品質に優れた茶樹だそうで、安政4年に選ばれたのだそうだ。これから品種改良がおこなわれて日本全国、各地の茶樹が育っていったらしい。この母樹はもともとあった場所からここに移されたようだが、もともとあった場所がたまたま竹藪の北側に生えていたことからやぶきたという名前が付けられたのだとか。

意外なところで、意外なものに出会って感慨深かった。

さて、お茶でも一服しながら模型でも作りますか。

そうだ、スタッフがこれを勧めろと。

もっと手軽にお茶を飲みたい向きにはガルパンの煎茶道ボトルなんてのもあるようで。単なるペットボトルではなく飲む前に茶葉が混ざるタイプらしい。

でもやっぱりお茶は急須が、そのひと手間が乙なんじゃ・・・・。

プラッツ ガールズ&パンツァー最終章 振って味わう! これが私の煎茶道です!おまかせ4本お試しセット

http://www.hobby-shop.jp/index.php?dispatch=products.view&product_id=22100&sl=JP