商売繁盛の願掛けに!!

先日、静岡で「おいべっさん」の呼び名で親しまれている西宮神社のお祭りがあって出かけてきた。商売繁盛、家内安全を願う祭りである。実は子供のころ、母の実家が近くで鉄工場を営んでいたこともあり、毎年、祖父に連れられて出かけてきた思い出がある。熊手や笹にいろいろときれいな飾りをつけた縁起物は見た目がきれいで祖父が買ったそれを持ち帰るのが楽しみであった。まあ、特別大きく商売をしているわけではない身としては取り合えず一番小ぶりな一般的な熊手を毎年購入することにしている。そのご利益か、毎年何とか飢えることなく生活させてもらっている。秋祭りは夜の空気の少し肌寒い中、露店などを見ながらそぞろ歩くのが楽しい。そう、どうしても仮装して練り歩くような洋風の祭りは肌に合わないのである。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする