木造駅舎は昭和レトロの佇まい

SLの運行で知られる静岡県大井川鉄道。その沿線の駅舎は年代物の木造駅舎が多く、それぞれに風情を感じさせてくれる。大井川鉄道駅舎シリーズではないが、今回は最初にご紹介した駿河徳山駅の隣、田野口の駅である。こちらもかなりのレトロ感があると思っていたが昭和6年開業の駅だそうだ。駅舎は途中で無人駅となって倉庫となっていたものを平成に修復、復元しているようだが、その佇まいはいかにもの雰囲気を醸し出す。撮影に訪れたほんの数分前にSLが通過していった。SL込みの写真が撮れずに、残念。ちなみに熱烈な鉄っちゃんというわけではないので念のため。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする