駅の風情

最近のJRの各駅はどれも同じようなデザインで個性がない。どこで下車してもすぐにはわからず、下手をする目的と違った駅に降り立ちそうである。それに比べ蒸気機関車の運行で知られる大井川鉄道の各駅はどこも昔のままで独特の風情を醸し出している。建て替えていないだけといえばそうなのかもしれないが、情緒ある姿はこれからも残してほしいと思う。今回撮影したのは新金谷と千頭の中間あたりに位置する駿河徳山駅である。中川根の徳山というところにあるので徳山駅なのだが、もっと知られた徳山市が存在する故、駿河徳山と称しているらしい。その昔は駅前に2階建ての木造の洋裁学校が立っていたように思う。それも含めて駅の風情であったが今は取り壊され更地になっていたのが少しばかり残念であった。大井川鉄道では毎年恒例の機関車トーマスの運行も始まった。あわせて各駅にも立ち寄ってみたらいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする