10万トンオーバーの迫力に圧倒される。

清水港に入港する客船の中では最大級となる10万トン越えのゴールデン・プリンセスが入港した。以前もたびたび寄港しているダイヤモンド・プリンセスの姉妹船である。こちらは今回が初の寄港となった。イギリス船籍でプリンセスクルーズの最初の10万トン越えの船なのだそうだ。さすがにその大きさたるやあきれるほどの大きさとでもいうべきだろうか。乗船でもしたらたちまち迷子になってしまいそうだ。多くの乗客が一時下船して歩いていたが、優雅な船旅を楽しむ異国の人たちには人生を楽しむ余裕のようなものが漂う、と思うのはヒガミか。何はともあれ、今回は天気も良く、富士山もきれいにその姿を見せて歓迎していた。いいタイミングだったのではないだろうか。良い旅をと願うばかりである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする