2ストのサウンド、そして匂い。

今や絶滅種ともなりつつある2ストロークエンジンだが、やはりあの音と排気の匂いは忘れがたいものがある。ツーリングなどで2ストバイクの後ろを走るとオイルの汚れがひどかったのも記憶する。先日、そんな2ストバイクを集めた企画展を開催中とのことで磐田のヤマハ本社「コミュニケーションプラザ」に出かけてみた。やはり目に留まるのはRZ250である。初代のモデルでもレーサーかと思うスタイルやモノクロスサスなどわくわくさせられた。一度だけ知り合いのRZ250に乗せてもらったが3000回転以下では全くパワーがなく、3000を超えていきなりパワー爆発の衝撃は4スト単気筒しか乗っていなかった身としては驚き以外の何物でもなかった。

と、ぐるりと2スト市販車を懐かしく見て、そういえばレーサーも2スト時代があったことを確認。何となく今のモトGPマシンよりも2スト500時代のマシンが魅力的だと感じたのは齢のせいか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする