神楽の響きに心揺さぶられ。

先日、静岡市の浅間神社で大神楽祭が開催されたので出かけてみた。静岡市には各地区に神楽が伝統行事として伝えらえれている。それらが集まって浅間神社で奉納されたのである。すべてを見る時間はなかったが神楽の持つ独特なリズムや音色、あるいは舞は心安らぐひと時であった。やはり日本人としてのDNAとでもいうのであろうか。単に齢を取っただけといわれればそうかもしれないが、日本人であることを感じたのは大げさか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする