帆船のローピングに目を凝らす。

模型のジャンルの中でもキング・オブ・ホビーとよく言われるのが帆船模型である。展示会にも何度かお邪魔したことがあるが、完成品の堂々たる雰囲気はさすがにキングの風格が漂う。セールを張った姿がきれいなのは言うまでもないが、様々に張り巡らされたローピングにも目を奪われる。自然にたるんだロープなどが全体の重量感、質感を高めているように感じる。先日、清水港に海王丸が入港した。何度か入港し、船内見学やセールドリル、出航時の登檣礼も見たことがある。どんな状況でも帆船は格別の魅力を放っている。さて、今回もセールドリルが予定されていたが時間が合わず見られなかったが張り巡らされたロープをじっくりと目に焼き付けることになった。だからと言って帆船模型に取り組むかと言われると、たぶん完成することがないと思われるので避けて通ることにしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする