夕涼みがてら、夜の出航をお見送り

11万トンを越える大きさを誇る豪華客船、ダイヤモンド・プリンセス。清水港には何度目かの寄港となるがいつ見てもその大きさには圧倒される。今回は入港が午後2時、出航が夜の10時ということで、夜の出航を見送りに出かけてみた。

夜見るダイヤモンド・プリンセスも当たり前だがやはり大きい。

出航予定時刻よりも少し早めに舫が解かれる。その巨体が徐々に岸壁から離れていくが、サイドスラスターを使って横方向に移動していく。最近の大型客船の多くはこれを装備しているようで、タグボートが集まって、という光景は見られない。

大型の客船だけに、客室に灯る多くの明かりが離れるにしたがって、海面に映り夜の出向ならではの景色を見せてくれた。

ひと時、情緒に酔いしれたが遠ざかった後には夏の暑さが残った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする