機械式時計にあこがれて

先日、市内の神社の境内で行われた骨董市に足を運んでみた。年とともに古いものに引き寄せられるということか?。ちょうど時の記念日ということで市内の時計屋さんがチャリティー販売会を行っていた。高いものでは60万円などというものも出品されていたが、1万円以下から揃っていて思わず、機械式腕時計や懐中時計などに手が伸びるところであった。機械式ムーブメントに特別魅かれるのは歳を取ったせいだろうか。同じような時計でも価格が違う。説明を聞けば方や機械式、一方はクォーツなのだとか。ちょうどクォーツが出始めの頃は意匠は変わらず、ムーブメントが違う時計もいろいろと出ていたという。時計ひとつにも時代と歴史が見られた骨董市であった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする