なんとなく見たような姿かたち

平成29年度に入って清水港に寄港した最初の外国船籍の客船である。バハマ船籍で5万トンを越えるクリスタル・シンフォニーだ。初寄港ではないので以前にもその姿を見ているが、その形、すでにお分かりのように先日寄港した飛鳥2とそっくりである。それもそのはずで飛鳥2とは姉妹艦になる。飛鳥2はもともとクリスタル・ハーモニーとして運行されていた艦で2006年から日本郵船が買い取り、改装した後、飛鳥2として運行している。クリスタル・シンフォニーと飛鳥2はもともと同型艦というわけだ。どちらにしても優雅な姿は魅力にあふれている。富士山も少しながら姿を見せ、天気にも恵まれた。迎える静岡市民の一人としては少しばかりホッとするのである。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする