今回、見たかったのはベントレー

引き続いて先日見に行ったスーパーGTテストデイの話題。実のところ、今回出かけたもっとも大きな目的は今年から参戦が決まったベントレーのGT3を見たかったからである。でかい高級車というイメージがあるが、GTマシンの中に入るとそれほど目立たない感じがする。サーキットという広い場所であることも関係するかもしれないが。ベントレーといえば、1923年にル・マン24時間に初参戦。24年に初優勝して、27年から30年まで4連勝している。エアフィックスからは1/12スケールでこの1930年のル・マン24時間レースで勝利したベントレー・ブロワーがモデル化されているが残念ながら今だ手にしていない。で、今シーズンのスーパーGTに参戦するベントレー・コンチネンタルである。V8気筒ツインターボの低周波音を響かせて駆け抜ける姿がなかなかに迫力。どんなレースを展開するのか楽しみである。

それにしても、スーパーGTGT300クラスが個人的には気になる。車種のバラエティーが豊富で見ていて楽しい。ランボルギーニやロータス、アウディやポルシェ、BMW、フェラーリ、そういえば、今回はマークXも。かなり多くの入場者で盛り上がっていたテストデイであったが、そんな車種の幅広さも人気のひとつだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする