石垣にも歴史の積み重ね?

静岡市の駿府城公園はその昔、徳川家康公が居城として築城したお城が建っていた跡である。何度か火災に見舞われ、再建もされたようだが現在は天守は残っていない。昨年より天守の土台、天守台の発掘調査が始まっている。明治維新の頃にはまだ天守台が残っていたようだがその後、いろいろあって取り壊されその上に別の建物が建てられたりしていた。そんな関係で天守台も下部の方が残っている程度のようだ。作業は公開されていて過日、普段入れない場所まで入ることができる見学会があったので見てきた。損傷が激しいとは言え天守台の石垣の立派な雰囲気は江戸城よりも大きかったといわれる天守の威容を伝えてくれる。当日の説明員の方の話に聞き耳を立ててみると何度か地震などで壊れた石垣は積みなおされているようで、時代によって石の大きさや形が違うのが見て取れるとのこと。大きくて形が不揃いなのは時代が古く、時代が新しくなるほどサイズは小さく、加工技術の進歩によって形は揃ってくるようだ。石の並びにも歴史の積み重ねがあるというわけである。学生時代にもっと勉強しておけばよかったと、今さら思った次第である。

で、どの石がって?分かりません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする