帆船は立て構図?

模型の中でも帆船模型はキング・オブ・ホビーとも呼ばれるジャンルである。作ってはみたいがやはりあのロープの数には腰が引ける。実際の帆船はそのロープが存在感を見せる。久しぶりに清水港に寄港したのは海王丸であるがあいにくと天候が優れなかったのは残念だった。ちょうどセイルドリルと呼ばれる停泊中に帆を張るデモンストレーションの日であったがこちらも残念ながら時間に間に合わず、見ることがかなわなかった。以前目にしたセイルドリルはやはり、帆船ならではの魅力にあふれていた。で、目の前の海王丸である。マストの高さがあってなかなか横位置でのフレームに収まらない。艦船にしては珍しく立て位置のフレームが多くなるが、ほかに面白い構図も見つけられないまま、いつものようにシャッターを切って帰ってきたのである。

%e6%b5%b7%e7%8e%8b%e4%b8%b81 %e6%b5%b7%e7%8e%8b%e4%b8%b82 %e6%b5%b7%e7%8e%8b%e4%b8%b83 %e6%b5%b7%e7%8e%8b%e4%b8%b84 %e6%b5%b7%e7%8e%8b%e4%b8%b85

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする