グループBの煌き!!

1982年から始まったグループB規定によるWRC、世界ラリー選手権の時代は1986年に終焉を迎えるがその間に登場したマシンはターボエンジンの強力パワーに軽量車体の組み合わせと4輪駆動で当時のF-1をもしのぐモンスターマシンとして強烈な印象を残した。モータースポーツファンには今もって当時のマシンを愛するファンは多い。連続する12ヶ月間で200台を生産すればホモロゲーションが取得でき、さらに、それをベースに20台のエボリューションモデルの申請が可能であったことで多くのメーカーが参戦することとなった。先日紹介させていただいたシトロエンBX-4TCもその1台だが、同じく熱海のイベントに登場したグループBホモロゲーションモデルの1台を今回はご紹介。シトロエンと同じフランスのプジョー206ターボ16である。ミッドシップに横置きの4気筒。カウルの中を覗けば、当然ながらタミヤの1/24と同じレイアウト。メカニズムだけでなく、全体から漂う雰囲気はやはり一味違うグループBマシンなのであった。

%e3%83%97%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc1 %e3%83%97%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc3 %e3%83%97%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする