今話題のPAC-3

先日、清水みなと祭りに自衛艦が来るというので見に行ったが、それ以外にも自衛隊の車両や機材がいくつか展示され、見ることができた。その中のPAC-3の発射機である。見覚えのある形が岸壁のスペースに鎮座。過日ホビーショー会場で1/35スケールを見たがまさに「模型そっくり!」と、当たり前のことに感動。本末転倒もはなはだしい。実物を忠実に再現しているのだから同じで当然だが、実物を見る機会はそうそうないから模型のほうが身近ということになる。昨今では資料や情報の類は手軽に豊富に手に入るが、ネットなど存在しなかった時代、プラモデルは3次元の立体情報ツールとして多くの知識を与えてくれたと思う。単なるおもちゃじゃない、プラモデルの魅力がそこにある、と言ったら大袈裟か。

ミサイル1 ミサイル2 ミサイル3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする