エッチングが主役

先日、静岡のホビースクエアで開催されていたある展示会に出かけた。模型ファンにはおなじみのエアロベースというメーカーに関する展示会である。エアロベースはエッチングを素材にした製品を作っているが、モデラーがよく手にするディテールアップパーツの類とは趣を異にする。素材がエッチングの組み立てキットなのである。いわばエッチングが主役ということか。エッチングは金属の板の余分な部分を特殊な液体で溶かしてパーツを形作るが、そのための版?なども展示され興味深かった。ディテールアップに使われるエッチングパーツ製品は金属アレルギー(?)を自認するジジイとしてはなるべく避けたいパーツであるが、エアロベースの製品は出来上がりはもちろん、組み立て前の状態もなかなかに美しくて目を引く。同様に各種エッチングのディテールアップパーツもそのままの状態で見るのは金属の質感もあって、美しいと思う。そのまま飾っておいてもいいなと。それじゃあダメだろう。エッチングパーツが一般的になった時代に相変わらず乗れない文科系のジジイである。

エアロ4 エアロ1 エアロ2

エアロ3

エアロ5

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする