発掘?再び

過日、物置の整理をしていたときに出てきた模型の一つである。1/32の雷電だ。たぶん半世紀近く立っているに違いない。自分で作った記憶はないので当時、弟が作ったものと思われる。メーカーも定かではないがレベルだったか。発見時に片翼の先端が着地していたのでてっきり左の脚部品がないものと思ってそのままにしていたが、先日改めて手にしたら片方の脚は収納した状態になっていたことに気づく。ということは開閉可動?と恐る恐る引っ張り出してみれば見事に出てくるではないか。よく見ればエンジンもリアル、フォルムも最新キットに決して引けをとってはいないと思う。脚の出し入れやキャノピーの開閉、エンジンの再現など、良くできている。エンジンカウルの一部が見当たらないのと尾輪がゆがんで固着していた以外はまずまずの保存状態?。デカールの痛みと埃の付き具合に時の流れを見るのであった。

雷電1 雷電4 雷電3 雷電5 雷電2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする