富士山と客船

清水港にはこのところ立て続けに大型客船が寄港している。先日も初寄港の2隻がやってきたので見学に出かけた。富士山が世界遺産になってからそれもあって寄港が増えているようだがなにぶん気まぐれである。見えるときもあればお隠れになっているときもある。タイミングだろうが運の良い、悪いはなんともしがたい。今回寄港した2隻も明暗を分けた。マーシャル諸島船籍で3万トンのノーティカは曇り空ではあったものの、富士山が顔を見せていた。一方、後日寄港したアルタニアはひどい雨の1日であった。せっかく寄ってくれるのだから、きれいな富士山を見ていただきたいと思ったり。バミューダ船籍で排水量44000トンの優雅な姿も激しい雨でかすんでいたのも残念だった。

今年はまだまだ初寄港の客船が予定に上がっているので、今から楽しみにしているジジイである。

●ノーティカ

ノーティカ3 ノーティカ2 ノーティカ1

●アルタニア

アルタニア2 アルタニア3 アルタニア1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする