面白い船があるものだ

立て続けに船の話で申し訳ないが、先日、清水港にユニークな船が入港、見学ができるというので出かけてみた。国土交通省に所属する船のようだが「清龍丸」という船で油回収船なのだそうだ。会場に流出した油を回収するというのが主な役目らしい。それに加えて浚渫作業や災害時の防災船の役割も兼ね備えているという。先の東北沖地震の際にも出動して活躍している。

総トン数は4792トン、全長は104mということで最近見に来た客船などに比べればずいぶんと小ぶりに見えるがそれなりの存在感である。特にその特殊な役割のための構造や機器類は文科系のジジイがワクワクさせられる造形にあふれていた。船内で作業風景のVTRも見せてもらい、説明も伺ったがとにかくすごいらしいと驚いただけのジジイであった。

船2 船1 船3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする