ウルフの勇姿再び

先日、富士スピードウェイでの旧車イベントでマキF-1に感動したと記させていただいたが、実は同じ会場でもう1台、うれしいマシンを見つけた。1977年のウルフWR-1である。77年のF-1日本グランプリではジョディ・シェクターがドライブして富士を走っていた。そのとき、富士にいたジジイとしてはまさにサプライズ。ストレートを疾走する姿に当時を思い出して涙する思いであった。シンプルなスタイルやメカニズムは最新マシンよりもずいぶんと小さく見える。そういえばリヤウイングの翼端板は当時木製だったと記憶しているが、今でもそうだろうか。

ウルフ1 77日本gp ウルフ2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする