帆船の美しさに惚れる?

先日、清水港に帆船の海王丸が入港した。何度か入港しているのでお馴染みの光景ではあるがやはりいつ見ても帆船は美しいと思う。ちょうどセイルドリルを披露してくれた。接岸した状態ではあるが外洋での様子に思いを広げればその優雅なスタイルはまた格別に違いないと思う。モデルでも帆船模型はキング・オブ・ホビーとも呼ばれる別格のジャンルである。時間をかけて作りこむ帆船モデルの仕上がりは実艦同様に優雅だ。その昔、フランスはエレール社の「ソレイユ・ロワイヤル」にあこがれていつかはと思ったものだが、購入しなくてよかったと胸をなでおろしているジジイである。製作テクニックと年齢は決して比例しない、ジジイの場合は!!

海王丸1 海王丸2 海王丸3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする