至福のひと時

先日、富士スピードウェイで古い車を中心にしたイベントがあってまた出かけていった。特に見たかったのはこれ!マキF-1である。目の前にマキを見て、それが走り出した時の感動を、お分かりいただける方はそれ程多くないかもしれないが、ジジイにとっては驚きの一言だったのである。1974年に登場した日本のプライベートF1チームで、そのミステリアスなデビューやほかのどれにも似ていないデザインなど、当時興味津々だったのを覚えている。結局ヨーロッパのグランプリでは一度も予選を通らず、76年を最後に活動を終えている。その最初のモデルがレストアされて、しかも日本の富士を走った。またひとつ、冥土の土産が増えたジジイである。

maki1 maki2 maki3

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする