金属シャシーの魅惑

子供の頃の熱狂的スロットカーブームはRCカーが一般的になる前のコントロールできるカーモデルとして心躍るものがあった。純文科系のジジイとしては金属シャシーのメカメカしさも心を曳き付けて止まない。過日、人からいくつかスロットカーのシャシーを譲り受けた。

ダイキャストパーツのタミヤ製、プレス加工パーツのコグレ製、真鍮線を加工した・・・。走らせたり、レストアするつもりがあるわけではないが見ているだけでも飽きない。

ディスプレイモデルも良いけれど、動かして遊んで壊して、また作るのもプラモデルの楽しみだったような気がする。

スロット1 スロット3 スロット2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする