大型客船の誘惑

ホビコレが居を構える静岡市の清水区にはマグロの水揚げ日本一でも知られる国際貿易港、清水港がある。貨物船だけでなくしばしば大型の客船も入港する。その優美な姿が好きで入港予定をチェックしながら見に行くのを楽しみにしている爺である。
先日もオランダの客船「フォーレンダム」が入港したのでさっそく出かけてみた。総トン数は6万トンを超え、全長は238メートルにもなる。桟橋に近づいていくとそこには新しいビルができたのかと見間違う巨大な壁が見えてくる。圧倒されるほどの大きさが気持ちいい。
全体像を画像に収めようとするがなかなか収まりきれない。前方から、後方から、両方撮影するのにえらく歩かされ、その大きさを実感する。
模型でも艦船モデルは数多くラインアップされているが客船は意外と少ない気がするが、どうだろう。軍用艦も楽しいが、客船のカラフルでスマートな形状も捨てがたいと思う。
富士山が世界遺産になってから清水港に入港する外国船籍の客船は増えているようだ。これからどんな客船が見られるのか楽しみである。
*観光バスと比べてその大きさがお分かりいいただけるだろう。

客船1客船2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする